さぽろぐ

  出産・子育て  |

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2008年07月28日

現在7/27流行中の病気は?



7/27現在流行中の病気は、先週に引き続き手足口病ヘルパンギーナが多いそうです。

また保育所や幼稚園、学校でのプールで水を介してウイルスに感染する機会が増えると思います。
プール熱結膜炎にも注意したいですね。
手足口病は全国的に先週に増して増加しているそうなので気をつけたいですね。
またこの気温!!猛暑なので熱中症には十分注意して、こまめに水分補給を行ってくださいね!

うちの子供も金曜日に高熱が突然でて保育所から呼び出しがあったのですが、夜中には熱が下がり翌朝にはいつもどおり元気な娘に戻っていました。
いったいなんだったのかよくわかりませんが、土日は普段どおり何事もなく過ごしました。
ところが今朝月曜日ですが、朝からくしゃみをしだし、鼻水をたらし始めました。
普通風邪なら、鼻水が出始めてから熱が出るというパターンだと思うのですが、先に熱がでる風邪なんてあるんでしょうか?
それか、また違う風邪をひいたのかも?

とにかく毎日大人でもまいるくらい暑いので、体温調節の未熟な子供たちは体調を壊しやすいんだと思います。
親の私の体調管理が甘かったんですね。
でもこうして免疫がついていくんだと!信じています。
確かに3歳になって1、2歳のころに比べるとずいぶん強くなってます。病院もここ数ヶ月行ってないのは奇跡!
前は毎月必ず病院に行っていましたので、やはり免疫ってつくんですね。


よければ参考にしてくださいね。
手足口病について
ヘルパンギーナについて
熱中症について
プール熱について  


Posted by ヒマワリ at 11:27Comments(2)現在流行中の病気

2008年07月28日

あせも:汗疹



あせも:汗疹


子供といえば汗!!というくらい夏場は汗びっしょりになりますよね。
でもほっておくとあせもになってしまいます。
6月から9月の夏に多く発生します。

あせもとは、汗をかきすぎることにより汗腺が詰まって中で炎症を起こした状態のことをいいます。
特に汗をかきやすいおでこや首の周り、頭、わき、ひじ、ひざ裏などにできやすいようです。
白いあせもと赤いあせもがあるのですが、白いあせもは白いぶつぶつができ、かゆみを伴いません。
しかし、赤いあせもはかゆみを伴います。
乳幼児のあせもといえばほとんどがこの赤いあせも(紅色汗疹と呼ばれます)で、かきむしって傷になると黄色ブドウ球菌に感染して化膿し、『あせものより』と呼ばれます。
またアトピー性皮膚炎の子供は悪化しやすいので特に清潔に保ちたいですね。


【あせものホームケア】

汗をかいたらこまめにシャワーや着替えをすることが肝心です。とくに首のしわやくびれなどはしっかり洗って清潔に保ちましょう。
またお風呂上りなどはしっかり水分をふき取ることも大切です。
特に乳児はなるべく汗をかかないように風通しがよく涼しい環境をつくってあげたいですね。

汗疹の数が広範囲にあり、なかなか治らない時や、ひどくかゆがってかきむしる場合などは早めに病院で診てもらいましょう。
ひどい場合はステロイド剤で治療します。


【わが子のあせも体験談】

というほど、たいそうなものでもないのですが、先日うちの子供も首の下、首の後ろ、おしりにあせもができていました。
かゆがってはいなかったのですが、赤いあせもでした。
私の子供のころの記憶では、夏になると母親にシッカロール(ポンポンと呼んでいましたが)をぽんぽんとされていたので私も娘の首やおしりにポンポンしておきました。
昔のポンポンは粉ぽくて吸い込んでしまいそうなものでしたが、最近のはいいですね。
パウダーファンデーションみたいなかんじで粉が飛ぶこともなく、とっても塗りやすいです。
翌日少しましにはなっていたのですが、まだ気になるので今度はベビームヒを塗っておきました。
それを2日ほど続けて今はほとんど後も消えました。
おしりのあせもだけは布パンツといえど、どうしても風通しが悪いので治りが悪いですが、かゆみがないようで助かりました。
オムツだともっと悪化していたかも。
ほんとに汗っかきな子なので、こまめに濡れタオルで拭くようにしています。  


Posted by ヒマワリ at 11:07Comments(0)あせも:汗疹

2008年07月25日

突然の高熱

今朝元気に保育所に送り出した娘の話です。

午後3時過ぎに保育所から電話がありました。
娘がお昼寝起きに39度ちかくの熱を出したとのことでした。

午前中はプールで大はしゃぎしてたようだし、給食も残さず食べたそうなのですが。

お迎えに行くとぐったりした様子で、だっこするとかなり体温が高かったです。

比較的40度の高熱が出ても熱に強い子なのですが、気温も高いからかかなりしんどそうでした。

でも症状は高熱のみ。

鼻水、咳、のどの痛み、発疹、胃腸系の症状もありませんし、ほんと突然でした。

またヘルパンギーナかと思ったのですが、喉は痛くないようなのでただの風邪?でしょうか。

病院にいくか迷っているうちに寝てしまい、少し起きては寝てを繰り返しているうちに夜には37度後半まで熱が下がりました。

もしや熱中症?とも思いましたが、熱中症ならもっとぐったりしますよね。

ただ食欲は全くなく、お茶を少し飲む程度。
汗をかくので脱水症状も心配。
そこで娘の大好きないちごのカキ氷を作ってあげました。
カキ氷も水なので水分補給になるかな?と思いまして。
カキ氷はおいしそうに食べられたのでよかったです。

少し前から保育所では高熱の風邪が流行っていたので、おそらくその高熱を出すウイルスにかかったのだと思います。
たぶん明日には熱も下がりそうな気配ですが、様子をみます。

一昨日、家から3時間ほどの海へ日帰りで海水浴に行ったので疲れがたまっていたのかもしれません。
それに+連日の保育所でのプール+連日の猛暑(私の住む地域では連日36度くらいあります。)で体力が落ちていたと思います。

普段元気でもやはりまだ3歳。
親の私がしっかり体調管理してあげないとダメですね。反省です。
  


Posted by ヒマワリ at 21:32Comments(0)現在流行中の病気

2008年07月22日

現在7/20流行中の病気は?


7/20現在の流行中の病気は、先週にも増して手足口病、ヘルパンギーナが増加しているようです。

保育所や幼稚園、学校でプールがあるので水を介してうつったりすることもあるようです。

いつもと様子が違うときや微熱があるときなどはなるべくプールもお休みした方がよさそうですね。

うちの子供の保育所では、ただの風邪らしいのですが高熱が続く風邪が流行っているようです。

高熱が続く病気は、咳が伴う場合は肺炎気管支炎プール熱などの病気の場合もあるので早めに受診されることをおすすめします。

うちの子供の場合、プール熱から肺炎を合併してしまったことがあるので、プール熱は薬が効かないのですがこまめに再診したほうが安心です。

また毎日朝からかなり気温が高いので熱中症には十分注意したいですね。
熱中症は水分補給をこまめにしたり、帽子を着用するなどの熱中症対策をするだけでも熱中症になる確率はずいぶん減ると思いますので、特に小さな子供の場合は親が気をつけてあげたいですね。

よかったら参考にしてください↓

熱中症について
手足口病について
ヘルパンギーナについて
咽頭結膜熱:プール熱について  


Posted by ヒマワリ at 13:46Comments(0)現在流行中の病気

2008年07月15日

現在流行中の病気 補足

現在は夏風邪熱中症が多いようですが、子供の保育所に看板が立てかけてありました。

そこには

『インフルエンザが流行っていますので注意してください』

と書いてありました…

インフルエンザって?

保健所から連絡がありましたとも書いてあったのでガセネタではなさそうなんですが、今の時期にインフルエンザなんてあるんですね~。

そういえば最近、子供の保育所のクラスでも高熱で数日(3~4日)お休みしている子が多いようで、私はヘルパンギーナかとおもっていたのですがもしやインフルエンザだったのかも?!

インフルエンザ=高熱というイメージなので、怖いですね。
うちの子供もうつらなければいいのですが。

ただでさえ毎日暑いのに、インフルエンザで高熱なんてたまらないですね。

みなさんもお気をつけくださいね。  


Posted by ヒマワリ at 15:18Comments(0)現在流行中の病気

2008年07月14日

現在7/13流行中の病気は?



7/13現在の流行中の病気は、先週に増してヘルパンギーナ手足口病などのいわゆる『夏風邪』と呼ばれるものが多いようです。

また先週末からニュースでよく耳にする熱中症
本格的に夏になりましたね。
毎日ほんとに暑いので特に子供の場合は体温調節がうまくできず脱水症状になりやすいので熱中症には十分注意したいですね。
屋内でも熱中症になりますので、こまめな水分補給をかかさないようにしましょう。
万が一熱中症のような症状が現れたら、すぐにクーラーのきいた涼しい部屋や木陰で衣服を緩めて休ませ、少しづつ水分を補給させましょう。
イオン飲料や塩水なんかでもいいようです。
意識障害がある場合はすぐ救急車を呼んでくださいね。


またヘルパンギーナ手足口病は喉や口の中に水疱ができてしみるので、水分も飲めない場合があります。
ただでさえ暑く脱水が心配なので、水分も摂れないような場合は病院で点滴してもらうことになります。

私は先日ニュースで初めて知ったのですが、海に入っていても熱中症になるとのことでした。
体が冷えてるので大丈夫かと思ってたんですが、脱水症状になるんでしょうか?
ほんとに怖いですね。
熱中症にはじゅうぶん気をつけたいものです。

よければ参考にしてくださいね↓

熱中症について
ヘルパンギーナについて
手足口病について  


Posted by ヒマワリ at 09:45Comments(0)現在流行中の病気

2008年07月07日

現在7/6流行中の病気は?


7/6現在流行中の病気は、ヘルパンギーナがおおいようですね。他には結膜炎も増加傾向にあるようです。

7月は1年の中でも感染性胃腸炎が少ないと言われているそうです。細菌性の食中毒などの胃腸炎は増加すると思いますが…

また、いよいよ夏本番になってきました!!
気温が毎日高いので熱中症には十分注意しましょう。

昨日ママ友数人とその子たちとうちの子供でおでかけしました。
気温は予報で34度と言われていました。
そんなに炎天下でもなく曇っている時間も多かったのですが、走り回って追いかけっこをしていた子供たち。
もちろん大量に汗をかいていました。
私はこまめに水分補給をさせていたのでうちの子供は元気なのですが、帰宅後に一人の子供が39度の高熱がでてぐったりしている~とメールが来ました。
どうやら水分補給をしていなかったみたいなのです。
それまでは元気いっぱいだったので、おそらく軽い熱中症だと思います。

子供は暴れないように言ってももちろん言うことなんてききません。楽しくて仕方ないんですから。
やはり親の私たちがしっかり体調を管理してあげないと!と痛感しました。

熱中症は子供たちにとって命を落とすこともありとっても危険です!
しっかり予防したいですね。

よかったら参考にしてくださいね。↓

熱中症について
ヘルパンギーナについて
結膜炎について  


Posted by ヒマワリ at 11:16Comments(0)現在流行中の病気

2008年07月07日

熱中症




熱中症



熱中症とは主に高温の環境で脱水症状や体温調節が利かなくなった状態のことをいいます。

熱中症は熱失神、熱けいれん、熱疲労(熱ひはい)、熱射病などに分けられます。
この中で最も重症なのが熱射病で、これは死亡事故につながります。
気温が高かったり、運動によって体内で熱が発生することが原因で起こるものです。

外だけではなく部屋の中でも熱中症になるのはご存知かと思います。
特に危険なのが車の中に子供を置いて車から離れることです。
夏のニュースでよく耳にする子供の死亡事故例で多いですよね。

まず熱中症を予防することが大切です。特に乳児をはじめ子供たちは自分ではなかなか言葉にできません。
しかもお外で楽しく遊んでいたら夢中になってしまいますよね。
やはり大人がしっかり体調を管理してあげましょう。

【熱中症の予防法】


・こまめに水分を摂らせる(これが一番大切ですね)
・長時間日なたで遊ばせない
・帽子をかぶらせる


【熱中症の症状】


・熱失神…血圧の低下、めまい、失神、顔面蒼白など。
・熱痙攣(ねつけいれん)…水分補給が足りず血液の塩分が不足し、足や腕、腹部などに痛みとともに痙攣が起きる。
・熱疲労…脱水症状によるめまい、頭痛、吐き気など。
・熱射病…体温上昇。意識障害が起こり死に至ることあり。

その他、大量発汗、強い口の乾き、倦怠感、興奮、高体温、発汗停止、悪心(おしん)、嘔吐(おうと)、脱力感、反射の低下、
筋痙攣、強い頭痛、めまい、失神、精神錯乱、昏睡、意識不明などの症状が現れます。
最終的に呼吸停止、心停止に至ることもありますますので、子供の意識が朦朧としている場合など意識障害のある場合は至急救急車を呼びましょう。



【熱中症応急処置】


・涼しいところで衣服を緩め横になって休憩し、とにかく体を冷やしましょう。
・少しづつ水分補給しましょう。吐き気、嘔吐がある場合は水分補給ができないため、医療機関で点滴を受けることになります。
熱中症の場合は、水やお茶だけでは塩分が不足しますのでスポーツドリンクや塩を直接舐めるなど塩分補給しましょう。


熱中症は炎天下の下だけではなく、曇りの日、室内や体育館などでも起こります。
風通しが悪く、湿度が高いとなりやすいようです。
子供は新陳代謝がよく、よく汗をかきますので常に水分補給をかかさず熱中症を予防したいですね。

  


Posted by ヒマワリ at 10:59Comments(0)熱中症

2008年07月01日

6/29現在流行中の病気は?



現在流行中の病気


現在6/29流行中の病気は、先週よりかなり増加していると言う手足口病です。

そのほかにはヘルパンギーナ、結膜炎が増えてきているようです。
また感染性胃腸炎は一時より減ってはいるものの、まだ流行しているようです。

先週娘がヘルパンギーナにかかったのですが、前後して保育所のお友達が数人やはりヘルパンギーナでお休みしていました。
ヘルパンギーナは感染しても症状が出ない子供もいるようなので、そういう子供が感染源になることも多いようです。
また熱がかなり高めにでることと、喉の水疱のためのどの痛みがひどくとても辛い病気です。
熱自体は2日ほどで下がりますが、喉の痛みはしばらく続くので喉ごしのいい食べ物をあげてくださいね。
間違ってもオレンジジュースとかあげないでください!
娘はりんごジュースが飲みたいと言って飲み、絶叫していました…


手足口病はうちの子供はまだなったことがないのですが、手や足、口の中に発疹がでるようです。
子供の様子が普段と違う場合はお熱だけではなく、発疹が出たりしていないか体を観察してあげてください。

これからどんどん暑くなってくるので、熱中症にも注意したいですね。
お外で遊ぶときは必ず帽子を着用し、こまめに水分補給を行うといいそうです。


手足口病について
ヘルパンギーナについて
ヘルパンギーナ体験談
結膜炎について  


Posted by ヒマワリ at 10:12Comments(0)現在流行中の病気