さぽろぐ

  出産・子育て  |

新規登録ログインヘルプ


2008年07月07日

熱中症




熱中症



熱中症とは主に高温の環境で脱水症状や体温調節が利かなくなった状態のことをいいます。

熱中症は熱失神、熱けいれん、熱疲労(熱ひはい)、熱射病などに分けられます。
この中で最も重症なのが熱射病で、これは死亡事故につながります。
気温が高かったり、運動によって体内で熱が発生することが原因で起こるものです。

外だけではなく部屋の中でも熱中症になるのはご存知かと思います。
特に危険なのが車の中に子供を置いて車から離れることです。
夏のニュースでよく耳にする子供の死亡事故例で多いですよね。

まず熱中症を予防することが大切です。特に乳児をはじめ子供たちは自分ではなかなか言葉にできません。
しかもお外で楽しく遊んでいたら夢中になってしまいますよね。
やはり大人がしっかり体調を管理してあげましょう。

【熱中症の予防法】


・こまめに水分を摂らせる(これが一番大切ですね)
・長時間日なたで遊ばせない
・帽子をかぶらせる


【熱中症の症状】


・熱失神…血圧の低下、めまい、失神、顔面蒼白など。
・熱痙攣(ねつけいれん)…水分補給が足りず血液の塩分が不足し、足や腕、腹部などに痛みとともに痙攣が起きる。
・熱疲労…脱水症状によるめまい、頭痛、吐き気など。
・熱射病…体温上昇。意識障害が起こり死に至ることあり。

その他、大量発汗、強い口の乾き、倦怠感、興奮、高体温、発汗停止、悪心(おしん)、嘔吐(おうと)、脱力感、反射の低下、
筋痙攣、強い頭痛、めまい、失神、精神錯乱、昏睡、意識不明などの症状が現れます。
最終的に呼吸停止、心停止に至ることもありますますので、子供の意識が朦朧としている場合など意識障害のある場合は至急救急車を呼びましょう。



【熱中症応急処置】


・涼しいところで衣服を緩め横になって休憩し、とにかく体を冷やしましょう。
・少しづつ水分補給しましょう。吐き気、嘔吐がある場合は水分補給ができないため、医療機関で点滴を受けることになります。
熱中症の場合は、水やお茶だけでは塩分が不足しますのでスポーツドリンクや塩を直接舐めるなど塩分補給しましょう。


熱中症は炎天下の下だけではなく、曇りの日、室内や体育館などでも起こります。
風通しが悪く、湿度が高いとなりやすいようです。
子供は新陳代謝がよく、よく汗をかきますので常に水分補給をかかさず熱中症を予防したいですね。



あなたにおススメの記事


Yahoo!ブックマークに登録  ブログランキング
同じカテゴリー(熱中症)の記事
 熱中症対策グッズ (2008-08-16 23:31)

Posted by ヒマワリ at 10:59│Comments(0)熱中症
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
熱中症
    コメント(0)