さぽろぐ

  出産・子育て  |

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2009年01月26日

現在1/25流行中の病気と子供の溶連菌体験談

1/25現在流行中の病気はさらに拡大を続けるインフルエンザです。大流行の兆しです。
最近まで流行していた感染性胃腸炎はだいぶ下火になってきているようです。

先週は子供が溶連菌感染症にかかり、病院に行くとふだんは乳幼児が多い病院ですが異常に小学生の子が多かったです。
学級閉鎖などの情報も毎日聞きますし、私の住む地域ではインフルエンザの警報が出ました。

子供の保育所でもクラスの子がインフルエンザになったそうです。
予防接種を受けていたにもかかわらず39度の高熱が出たようです。
予防接種しているとインフルエンザにかかっても比較的軽症で済むらしいのですが…

子供の溶連菌(A群溶血性連鎖球菌)体験談

先週の子供3歳7ヶ月の話です。
夜になると微熱がで、朝になると平熱に戻っている。
そんな日が3日続きました。
少し喉が痛いとは言っていましたが、普段どおり元気でした。
ただ2日目の夜には首の下~下腹部あたりまでこまかな赤い発疹がたくさん出ていました。
かゆい痛いなどはなかったです。

溶連菌の腹部の画像です↓
見にくくてすみません。



3日目の朝に受診し、「たぶん溶連菌でしょう」と言われ検査をしました。
喉の奥の菌を綿棒でこする検査と尿検査です。
尿検査の結果↓



まさにA群溶血性連鎖球菌・溶連菌でした!
溶連菌と言えばいちご舌高熱が出ることが有名ですよね。
娘は微熱だし、いちご舌にもなっていません。発疹は出ましたが。
普通の風邪による発疹だと思っていたのでびっくりしました。

溶連菌は年少~学童期に多い病気で3歳以下の子供は喉の症状しか出ないこともあるそうです。
まさにうちの子供は軽症の溶連菌でした。

軽症でも抗生物質をきっちりい1週間服用するように言われました。
溶連菌は数週間後に腎臓に合併症を起こすことがある病気で、抗生物質でしっかり菌を退治しないといけないそうです。
そういう意味で1ヵ月後に尿検査が実施されます。

抗生物質を服用させてからは熱もすっかり平熱にさがり、発疹も消え、喉の痛みもなくなったようです。

指定伝染病なので2日間は登園禁止だそうですが、ちょうど土日だったので、今日から元気に保育所に行きました。

溶連菌は大人も感染するそうです。
私など、溶連菌と知るまでは子供が残したプリンを子供が使っていたスプーンで食べていました…
でも今のところ発症していません。
主人は喉が痛いなどと言っていますが。
大人が感染しても腎臓に影響を及ぼすことはまれで、高熱がでたら受診してねと言われました。
もちろん大人でも抗生物質をきっちり飲まないといけないそうです。

よければ参考にしてくださいね。
溶連菌感染症について  


Posted by ヒマワリ at 11:15Comments(0)現在流行中の病気

2009年01月19日

現在1/18流行中の病気は?

1/18現在流行中の病気は、インフルエンザ感染性胃腸炎だそうです。
特にインフルエンザは先週から気温が一段と下がったことで大流行しているようですね。

ニュースでも福祉施設で100人を越す方が院内感染したとか言っていましたね。
なぜこんなに感染が広まったかという原因のひとつに、加湿がうまくできていないということでした。
インフルエンザのウイルスは乾燥したところで活発になりますので、加湿器などを使って加湿することが肝心です。
加湿器がない方は部屋の中に洗濯物を干すだけでも加湿できますのでぜひ活用してくださいね。

子供の保育所では感染性胃腸炎が流行しているようです。
主に発熱を伴う嘔吐の子が多いらしいですが、比較的軽症で、1日で回復している子が多いです。
とはいえ、子供の体調が悪いと心配ですし倍以上親も大変ですよね。
子供が風邪を引きにくい体にするためにも栄養バランス、睡眠は特に大切です。
また薄着を心がけることにより皮膚に刺激が与えられて丈夫な体作りができると聞きます。
子供の保育所でも薄着を推奨していて、冬でも裸足、上は半袖の肌着にトップス1枚といういでたちです。(2歳児クラスです)
風邪をひきそう~と思うのですが、意外と動き回るのでそうでもないようです。
この冬も風邪をひかずに過ごせるといいのですが。

  


Posted by ヒマワリ at 13:57Comments(0)現在流行中の病気

2009年01月14日

現在1/11流行中の病気は?

あけましておめでとうございます。
年末年始はサボってしまいました。
昨年末からインフルエンザの流行は続いているようですね。

1/11現在流行中の病気は、インフルエンザ感染性胃腸炎です。

インフルエンザはかなり流行してきているようですので注意が必要です!

インフルエンザにかかると普通の風邪とは違い、のどの痛みや鼻水だけではなく、突然38度~40度の高熱が出たり、全身の倦怠感や節々が痛むなどの全身症状が現れます。
主にくしゃみや咳などを介して感染しますので、流行時には人混みをさけ、マスクを着用、手洗いやうがいを心掛けましょう。

インフルエンザをはじめとするウイルスは低温・乾燥したところが大好きだそうです。
そのためにも部屋の温度に気をつけ、乾燥しないように加湿を心がけましょう。
1月には入って雪が降る日も増えてきました。
私の住む地域では最近は最高気温が5度なんていう日も多いです。

子供の保育所でもインフルエンザ水ぼうそうが流行しているようです。
寒い日が続きインフルエンザウイルスも活発になっているんでしょうね。

また水ぼうそうもこの時期流行しやすいようです。
わが子も昨年の2月に水ぼうそうになり大変でした。
薬をひとつづつ水疱に塗るのですが寒いのでイヤがってました。
水ぼうそうは予防接種でかなり軽症で済むらしいので、予防接種がおすすめです。任意ですが。
我が家は任意接種が高いのでケチったことをほんとに後悔しましたー。


みずぼうそうについて





  


Posted by ヒマワリ at 22:07Comments(0)現在流行中の病気