さぽろぐ

  出産・子育て  |

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2008年10月28日

現在10/26流行中の病気は?

10/26現在流行中の病気は、感染性胃腸炎RSウイルス感染症溶連菌感染症だそうです。
インフルエンザも徐々に出てきているようですね。

うちの子供もここしばらく少し咳がでていたのですが、昨日から鼻水が出始めさらに夜中にまで咳がでるようになりました。
たんの絡んだ咳です。
熱はなく食欲もあって元気なので薬だけもらっておこうと今朝病院に連れて行きました。

RSウイルスかは検査をしないとわからないので、RSウイルスに感染しているのかどうかはわかりませんが聴診器で聞くと少しイヤな?音がしているそうです。

とにかく咳の出る風邪が流行っていて、しかもかなりしつこく1週間は咳が続くと言われました。
幸い熱もないのでこれから高熱がでることはないようですが、咳で喉の粘膜が荒れているのでいろんな菌をもらいやすくなるそうです。そういう意味で今後熱がでることはあるようです。
とにかく栄養をとって加湿して早寝を心がけようと思います。

保育所のお友達も咳がひどい子がたくさんいますが、長期間お休みしている子はいません。
うちの子も悪化しなければいいのですが…

うちの子の場合、何度もRSウイルスにかかっているので多少は免疫もついていると思いますが、乳幼児がRSウイルスにかかると高熱も出ますし、咳もひどいので要注意です。

今日病院に行ったついでにインフルエンザの予防接種の予約をしてきました。
子供のお友達はもうすでに予防接種済みの子もいますが、かかりつけの病院は11月4日から開始だと言われました。
また風邪をひかないように気をつけなければいけません。  


Posted by ヒマワリ at 13:04Comments(0)現在流行中の病気

2008年10月24日

現在10/19流行中の病気は?

10/19現在流行中の病気は、感染性胃腸炎RSウイルス溶連菌感染症がほぼしめているようです。
さらにインフルエンザが増加し始めているようです。
ほかには幼稚園や保育所などで水ぼうそうも流行しているようです。
インフルエンザや水ぼうそうなどは予防接種でかかったとしても軽症で済みますので、とくに乳幼児は予防接種を受けておきたいですね。

うちの子供は水ぼうそうの予防接種を受けずに水ぼうそうにかかってしまったので、高熱も出ましたし、ぶつぶつもたくさんできてしまいました。水ぼうそうにかかってから8ヶ月が過ぎましたが、ひどかったお腹と背中の水ぼうそうの発疹の後が未だに消えずに残っています。女の子なのでかわいそうなことをしてしまいました。

インフルエンザの予防接種は11月に1回目、12月に2回目を打てれば理想ですね。
予約していても子供の体調で予防接種できなくなったりしますので、元気なうちに1回目をうっておきたいものです。

子供の保育所では咳をしている子が目立ちます。
RSウイルスによる風邪は咳がひどいですし、高熱が出ることもあります。
早目に受診して様子をみることをおすすめします。  


Posted by ヒマワリ at 13:05Comments(0)現在流行中の病気

2008年10月14日

現在10/12流行中の病気は?

10/12現在流行中の病気は、感染性胃腸炎溶連菌感染症RSウイルスです。
なかでも溶連菌感染症は先週から増加してきていますので注意が必要です。

インフルエンザもそろそろ出てきているそうです。
早目にインフルエンザの予防接種をうけるようにしたいですね。
これからの季節風邪を引いたりして予防接種の予約をしていても延期になったりなかなか受けられません。
うちの子供も毎年予防接種は受けるんですが、いつも当日に熱を出したりして3回延期したこともあります。
結局1月になってから2回目の予防接種を受けたりしたのですが、やはり早目に済ませておいた方が安心だと思いました。

本格的に秋らしくなりました。
雨が降ったりすると日中でも肌寒いですね。
子供の保育所の子供たちも高熱を出してお休みしている子や、咳をしている子が多く見受けられます。
うちの子供も鼻水を垂らしているのが治ったかと思うとこんどは咳をしだしました。
しかもなんだかたんの絡んだ湿っぽい咳です。
RSウイルスじゃないといいのですが…まだ熱はでていないので様子を見ているところです。

RSウイルスは何度もかかる病気ですが、かかるたびに免疫がつくらしいです。
RSウイルスの患者さんは2歳くらいまでが一番多いようです。
成人になるころには何度もかかっているので、普通の軽い風邪で終わることが多いようですね。
でも乳幼児~3歳くらいまでの子供は重症化することもあるのでひどい咳がでるときは受診をおすすめします。

よければ参考にしてくださいね↓
溶連菌感染症について
RSウイルスについて
インフルエンザについて  


Posted by ヒマワリ at 11:03Comments(0)現在流行中の病気

2008年10月07日

現在10/5流行中の病気は?

10/5現在流行中の病気で、先週から変わったことと言えば手足口病がほぼなくなりRSウイルスが増えてきていると言うことだそうです。

感染性胃腸炎は常に一番多い病気のようですが、めっきり秋らしくなり朝晩は寒いと感じる気候になってきました。
いわゆる風邪を引く子が増えるのですが、その風邪の原因のウイルスは無数にあるそうです。
その中でもRSウイルスという高熱と咳を引き起こすウイルスが流行りだしているそうです。

うちの子供も何度もRSウイルスにかかっています。
ワンシーズンに3回かかったこともあります。
多少徐々にRSウイルスに対する免疫がついてきているのか、一番最初にかかったRSウイルスのときが一番ひどかったです。
RSウイルスは気管支炎や肺炎に発展することもあるのでやっかいです。
早目に受診されることをおすすめします。
といっても、RSウイルスそのものを治す薬はないので、うちの子供のときは咳を鎮める薬気管支拡張テープ(ホクナリンテープ)なんかが処方されました。
しかし、いつまでも完治しない場合など悪化している場合には、肺炎などになっていないかちゃんと調べてもらう方が安心ですね。

風邪はどう防止しようとしても防ぐのは難しいですね。
免疫がつくのを気長に待ち、なるべく体力をつけて消耗しないようにするしかなさそうです。

いつも病院の小児科に行って思うのですが、たいてい受診されているのは0歳児~3歳児くらいが大多数です。
たまに小学生くらいの子がポツリといるくらいなので年齢を重ねるごとに病気をしなくなるというのは事実のようです。

うちの子もほんとによく病気をしましたが、3歳になってからは数ヶ月に1回くらいしか病院のお世話になりません。
2歳までは毎月病院に行きましたし、ひどいときは毎週行ったこともあります。
この前手足口病になって久しぶりに病院に行き、看護師さんに「久しぶりね」と言われました。
覚えられるくらい通ったようです。
うちの子供は持病があるわけでもなく、アトピーやアレルギーもありません。
普通に生活していて保育所で感染してくる病気だけで、何回も病院に行っていることになります。
子供はこうして免疫をつけていくんでしょうね。


よければ参考にしてくださいね↓

RSウイルスについて 体験談  


Posted by ヒマワリ at 11:15Comments(0)現在流行中の病気