さぽろぐ

  出産・子育て  |

新規登録ログインヘルプ


2008年03月13日

ノロウイルス

ノロウイルス


ノロウイルスは100個以下の少量のウイルスでも体内に入ると、小腸の粘膜で増殖する感染力の非常に強いウイルスで、
食中毒の他に、ふん便や吐物、手指を介してヒトからヒトへ感染します。
ノロウイルスは乾燥すると空中にただよい、これが口に入って感染することもあります。
しかしノロウイルスは、健康な方であれば通常脱水症状にならないように水分補給をし、安静にしていると数日で回復しますので、特別恐い病気ではありません。
しかし乳幼児やお年寄りは命にかかわることもあるので注意が必要です。

ノロウイルスにかかると、突発的に激しい嘔吐や下痢になりとても苦しく、微熱がでたり、悪寒の症状が出る場合もあります。

ノロウイルスは「冬の感染症」だと言われています。
例年冬のはじめから春にかけて流行します。
11月ごろから流行しはじめ12月に一旦ピークになり、1月から3月にかけて再度流行しはじめます。
しかし近年では、5月から10月にかけてもノロウイルスにかかることがあり、年間を通して発生することもあります。


【潜伏期間】 一般的には1~2日といわれていて、24時間くらいで激しい腹痛や吐き気、悪寒などがでてくることが多いようです。


【症状】ノロウイルスの症状は、吐き気、嘔吐(おうと)、下痢、腹痛などが主な症状で、発熱がある場合は、37~38度くらいの微熱程度の軽度ですむことが多いようです。
その後個人差はあるようですが、多くの方は差し込むような腹痛、きつい吐き気と下痢に見舞われます。
症状のあらわれ方は人によって違い、突発的に激しい吐き気、嘔吐、下痢が一日に何回も続きます。
乳幼児は嘔吐、成人は下痢の症状が特にきつく見られるようです。
しかし、通常の風邪かと思うような症状で治る場合や感染しても発症しない人も2~3割いるそうです。
ノロウイルスは、適切な処置を受けることにより、後遺症もなく数日で回復します。
だいたい24時間くらいで、嘔吐や下痢などの激しい症状はおさまり、数日でむかつきなどの症状も落ち着き回復していきます。

ノロウイルスにかかった方の吐物や便にはたくさんのウイルスがいて、ノロウイルスの症状が治まった後でも、短い場合でも一週間くらいは便にウイルスがいるそうなので、
周りの方は二次感染に十分注意しましょう。

ノロウイルスには『塩素系』の洗剤が除菌に有効だそうです。


【体験談】
我が家にも恐ろしいノロウイルスがやってきました。
2006年の大流行した年です。

まず娘が保育所でうつってきたようで、水分すら受け付けず、即点滴でした。
主人は激しい嘔吐と下痢で点滴。
私だけなぜか軽症でしたが、激しい下痢をしました。
娘がまだ1歳の時だったのでかなり心配でしたが、3日ほどで回復したのを覚えています。
怖い病気ではないと病院で言われたことがありますが、家族内で全員全滅するので大変です!!





あなたにおススメの記事


Yahoo!ブックマークに登録  ブログランキング

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ノロウイルス
    コメント(0)