さぽろぐ

  出産・子育て  |

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2008年10月07日

現在10/5流行中の病気は?

10/5現在流行中の病気で、先週から変わったことと言えば手足口病がほぼなくなりRSウイルスが増えてきていると言うことだそうです。

感染性胃腸炎は常に一番多い病気のようですが、めっきり秋らしくなり朝晩は寒いと感じる気候になってきました。
いわゆる風邪を引く子が増えるのですが、その風邪の原因のウイルスは無数にあるそうです。
その中でもRSウイルスという高熱と咳を引き起こすウイルスが流行りだしているそうです。

うちの子供も何度もRSウイルスにかかっています。
ワンシーズンに3回かかったこともあります。
多少徐々にRSウイルスに対する免疫がついてきているのか、一番最初にかかったRSウイルスのときが一番ひどかったです。
RSウイルスは気管支炎や肺炎に発展することもあるのでやっかいです。
早目に受診されることをおすすめします。
といっても、RSウイルスそのものを治す薬はないので、うちの子供のときは咳を鎮める薬気管支拡張テープ(ホクナリンテープ)なんかが処方されました。
しかし、いつまでも完治しない場合など悪化している場合には、肺炎などになっていないかちゃんと調べてもらう方が安心ですね。

風邪はどう防止しようとしても防ぐのは難しいですね。
免疫がつくのを気長に待ち、なるべく体力をつけて消耗しないようにするしかなさそうです。

いつも病院の小児科に行って思うのですが、たいてい受診されているのは0歳児~3歳児くらいが大多数です。
たまに小学生くらいの子がポツリといるくらいなので年齢を重ねるごとに病気をしなくなるというのは事実のようです。

うちの子もほんとによく病気をしましたが、3歳になってからは数ヶ月に1回くらいしか病院のお世話になりません。
2歳までは毎月病院に行きましたし、ひどいときは毎週行ったこともあります。
この前手足口病になって久しぶりに病院に行き、看護師さんに「久しぶりね」と言われました。
覚えられるくらい通ったようです。
うちの子供は持病があるわけでもなく、アトピーやアレルギーもありません。
普通に生活していて保育所で感染してくる病気だけで、何回も病院に行っていることになります。
子供はこうして免疫をつけていくんでしょうね。


よければ参考にしてくださいね↓

RSウイルスについて 体験談  


Posted by ヒマワリ at 11:15Comments(0)現在流行中の病気