さぽろぐ

  出産・子育て  |

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2008年03月28日

熱が出たときの対処法



熱が出たときの対処法


何故子供はよく熱をだすのか?

子供はよく熱を出します。
原因はほとんどがウイルスや菌の感染です。病原体が体に入ってくると、体は異物と感知して熱を出します。
ウイルスや細菌は熱が出ることにより活動が抑えられるそうです。このため体は体温を上げます。
その時に血管が収縮して、悪寒・手足が冷たい・ふるえなどの症状が出ます。
熱が上がりきると今度は体が熱を発散しようとし汗が出たり、顔が赤くなったりします。



熱が出たときの対処法

子供が高熱を出すと心配になって慌てますね。
すぐ解熱剤で熱を下げてあげたくなるのですが、解熱剤は一時的に熱を下げてあげるのが目的なので、病気そのものを治すわけではありません。
解熱剤を上手に使って、体を楽にしてあげて、その間に水分やミルクを与えましょう。

熱が出たときのケアは安静・睡眠と水分を摂ることが一番大切です。

熱の上がり始めは悪寒がして寒いので暖めてあげましょう。
手足が冷たい時はまだ熱が上がる可能性が高いです。

熱が上がりきり、手足が熱くなり、顔が赤くなったら薄着にさせましょう。

またクーリングもおすすめです。
クーリングとは、体を部分的に冷やすことです。
熱を下げるには大きめのアイスノンや保冷剤で太い血管のある脇の下や足の付け根、背中などを中心に冷やしてみるのが効果的です。
冷えピタでおでこを冷やす人も多いのですが、これは冷たくて気持ちが良いだけで、体の熱を下げる効果はほとんどないそうです。

熱により大量に汗をかくので水分補給は欠かせません。
また食欲がある場合にはおかゆや果物を与えるのもいいと思います。

熱が下がったからと言って油断は禁物です。
子供の熱は夕方から夜にかけて上がることが多いので、24時間平熱を保つまでは安静にしましょう。

熱が下がり、機嫌も良く、食欲もでてくればお風呂に入ってもいいようです。
ただ湯冷めには注意してください。

熱の後しばらくは子供の体力・免疫力も低下しています。
できるだけ遠出などは避けて、室内でゆっくり過ごしましょう。  


Posted by ヒマワリ at 11:58Comments(0)対処法